【5分クエスト】で手付かずタスクにサヨナラ!脳内の”気がかり”を掃除しよう

2018 10/08
【5分クエスト】で手付かずタスクにサヨナラ!脳内の”気がかり”を掃除しよう

こんにちは!引き寄せ勇者みろくです。

「気がかり」なことが脳に残っていると、なんだか疲労感が出たり、集中できなかったり、ミスが増えたりしますよね?

「ご飯つくらなきゃ」「嫌いな取引先にメールするのがヤダ」「借りっぱなしの本をそろそろ返さないと」「運動するって決めたけどやりたくない」…などなど、日常にはそんな「気がかり」が溢れています。

あれやらなきゃ!これやならきゃ!という「思い」は、たとえ表面的には忘れていても、潜在意識には残り続けてエネルギーをどんどん奪っていきますよ。

普段から内面のエネルギーは願望実現に役立てたいところですが、小さな「気がかり」でも大きな障害になっていることがあるんですね。

そんな日常的なタスクは、ゲーム感覚でササッと手を付けてしまった方が断然良いのです!

目次

内面に溜まっていく小さなメンタルブロック

仕事や学校、家事や頼まれごと、日々様々なタスクが自分にのしかかってきます。簡単に手を付けられることならば良いのですが、中にはやりたくない事も多いはず。

そんな「未完了なタスク」を放っておくと、前述しましたが内面意識の中でエネルギーを奪われ続けます。

普段からやる気が出ない悩みを持っている方は、そんな「未完了なタスク」がないか確認してみてください。きっとドバドバと思い浮かぶはずですよ(笑)

これらは願望を潜在意識に届けることを邪魔するメンタルブロックになっていることもあります。

そのほとんどは「やってしまえば大したことがなかった…」という小さなタスクなはず…

そこで、引き寄せ勇者の皆さんに依頼です!
【5分クエスト】で、チャチャッとやっつけてしまいましょう!

5分間タイムチャレンジ【5分クエスト】

もはや説明の必要もないかもしれませんがタイマーを5分間に設定し、その時間で未完了タスクに手を付けるゲームです!

ちなみに時間は何分で設定してもOKですよ。
ただ、この「5分」というのが絶妙な時間で、なにか一つのタスクをやるには微妙に短く、ゲーム感が増しやすい時間なのでオススメです。おのずと行動が早くなり、それが「やりたくない事」であっても、アレコレ考える暇もなく手を動かすことになるでしょう(笑)

「5分クエスト」はこんな感じ!

例として「トイレ掃除」を【5分クエスト】してみましょう。

タイマー タイマー

スタートっす!

みろく みろく

最初の3分までは余裕の気持ち!マット類を移動させて掃き掃除、雑巾を絞ってタンクや床を拭き。こまめに掃除しているなら、サクッとできちゃう〜

タイマー タイマー

フハハ、残り2分っす!

みろく みろく

そろそろ頭の中で残りの作業量を見積もる!ドアまわりを拭いてトイレットペーパー補充して…

タイマー タイマー

ヌンっ!残り1分んんん!

みろく みろく

やばい〜〜!!
残すは便器のみだけど汚くてやりたくない…でも時間も…ない!

タイマー タイマー

ウリリィィィィ!残り45秒だぞぉ!ジョジョぉぉ!

みろく みろく

「汚い」なんて思いが出てくるよりも先に手が動かせ〜〜!!そしてっ、ピカピカになった頃にっ……

タイマー タイマー

ピピピッ!お疲れ様でございました。

…あっという間の5分ですが、あっさりと終わってしまいました〜パチパチパチパチ
(後述しますが、経過時間を教えてくれるタイマーを使用するのがオススメ)


と、こんな感じで夢中で作業ができて楽しいのですよ!(笑)
アラームをセットした瞬間から、余計なことを考える時間はありません。やりたくないタスクであっても考えるより先に手が動き、気づけばアッサリと完了なんです。

未完了のタスクとは

やりたくないけどやらなきゃいけない雑事や、時間がなくて後回しにしている事、いつかはやりたいと思っている事など、それらは「未完了タスク」で放っておくと意識のゴミになってきます。

以下がその一例です。

未完了タスク例
  • 家事全般(買物、掃除、支払い、修理など)
  • 不用品処分
  • メール返信や電話
  • スケジュール調整
  • 頼まれ事
  • 読みたい本
  • 観たい映画
  • 大掛かりな仕事
  • 願望にまつわる事

などなど…いろんなものがあるかと思います。

後半に挙げたものには5分で終わらないものがありますよね?
それらも「5分だけ」手をつけてみることをオススメします!

手をつけるだけでもOK

中には時間のかかるタスクもあります。何から手を付けてよいか分からないくらい大きなタスクは、その「先が見えない」という心理的な負担で手を付けられないこともあるでしょう。

そんな大きなタスクも、まず5分だけやってみてください。
前述の「読みたい本」なども5分読んだら先が気になりますよね?そうなったらしめたもの!気が済むまで先を読めばよいのです。今まで手付かずだったタスクが進行しましたよ!

5分というルールに完璧を求める必要はありません。
そのまま続けたければ続ければいいし、止めたければ止めればOKです。いずれにしても「未完了のタスク」が進行して完了に近づいたことには変わりません。

心理的ストレスがない時間を設定

この時間設定は何分でもOKなのですが、心理的ストレスのない時間を設定してみてください。

「5分」という時間は「5分だけならやってみようかな」と思えるタイムだと思います。それが「3分」であっても「10分」であってもOKですが、自分的に短く感じる時間が効果的です。

頭の中で時間的な見積もりができないほど大きなタスクは、「大変…」「無理だよぉ」という妄想的なメンタルブロックを自分で作り出して行動ができなくなっていることがほとんどです。

これは願望実現にも当てはまります。
内面に「できない」という妄想を自分で作り出してメンタルブロックになるのです!それは妄想なので自分で書き換えることが出来るのですよ!

不思議なもので、ちょっと手を付けてみると勢いがついて、さらに先に進みたくなるものです。RPGでも、ダンジョンに入る前は不安かもしれませんが、入ってしまえばドンドン先に進んでいくのと同じです!

願望にまつわる事にも手をつける

時間がないから…と先延ばしにしている願望についても、5分という時間なら手を付けられるのではないでしょうか。

例えば「旅行にいきたい」のなら関連するサイトを見てみたり、「裕福になりたい」のなら今ある豊かさを5分間だけ確認して、既に豊かな自分に満足感を得たりできます。

1日5分を続けるだけで、潜在意識にその願望はドンドン根付いていきます!願望こそ優先して手を付けたい内容ではないでしょうか。

大掛かりなタスクは【30分クエスト】

派生的に、仕事など大掛かりなタスクは【30分クエスト】がオススメです。

僕はフリーランスの仕事をしていて広告物のデザインをしています。1案件につき数日の時間がかかるのですが、それらを30分区切りで作業しています。

これは「ポモドーロ・テクニック」という手法と似ています。
人間の集中力持続時間は45分程度だそうで、それを越えない時間で休憩をはさみます。25分作業→5分休憩を繰り返す方法が主流のようです。(興味ある方は検索してみてください)

僕の場合は、区切りの良い「30分」を作業にあてて、その後の休憩は時間を決めてません。10分くらいもあれば30分休むこともあります。

この「30分」も心理的にストレスがなく、でも作業としてはそこそこな量を進めることが出来る時間です。

当ブログの記事も、30分を何回か繰り返してながら書いています^^

タイマーを活用しよう

アナログ時計の針を見ながら…でも良いのですが、タイマーを使った方が便利です。

特に【5分クエスト】に関しては、経過時間を読み上げてくれるものがオススメ!

僕はiPhoneのアプリを使用していますが、5秒ごとに経過時間を音声で伝えてくれます。40秒経過…45秒経過…50秒経過…という具合に。

これがタイムアタックのゲーム感が増して捗るのです(笑)

以下がそのアプリです。

音声ストップウォッチ

音声ストップウォッチ

Takafumi AMANO無料posted withアプリーチ

アンドロイドには以下なんていかがでしょうか?(使ったことがありませんが…)

しゃべる!ストップウォッチ&タイマー~音声通知の無料アプリ

しゃべる!ストップウォッチ&タイマー~音声通知の無料アプリ

associate oneposted withアプリーチ

その他、ご自身で使いやすいものを探してみてください。キッチンタイマーなどでも代用できますよ!

ゲーム感覚で片付けよう

いかがでしたでしょうか?
日常的で物理的なことなので、内面を重視する「引き寄せの法則」とはズレた内容に思えるかもしれませんが、そんなことはありませんよ!

前述のとおり、内面に溜まったメンタルブロックの除去をはじめ、体を動かすことによる振動数アップ、夢中になる効果で波動アップ、短時間といえどやり終えたスッキリ感で気分も晴れやかになれます。

ちなみに、効率化にも大きく貢献する方法です。
制限時間内に終わらせるために、工夫を楽しめるようになります。何回か繰り返しているうちに効率的な方法を思いつき取り入れることでしょう。

また「掃除」などは毎日やっていると、汚れも酷くならないので、5分かからずに終わるようになったりします。余った時間は、プラスアルファで周囲の気になった箇所に手をつければ、別のタスクが片付くこともあるでしょう。

「やる気が出ない」ときにも「5分だけ…」と手をつければ、それが呼び水となって不思議とやる気が出てきます。

願望実現を阻むメンタルブロックの正体は「思い込み」です。つまりは「思い」によって現実を縛り付けているのです。

ですので、考えるよりも前に行動することを日常的に取り入れることで、不要な「思い」癖が弱くなり、願望が自由に動き出すようになるのですよ!

このゲーム感覚の”気軽さ”を日常的に取りいれてみてください!

【5分クエスト】まとめ
  • 未完了タスクがあると心理的にエネルギーを奪われていく
  • それらは願望を潜在意識に届けることを邪魔するメンタルブロックになっている
  • 5分間タイムチャレンジでやっつける!
  • 時間内に終わらなくてもOK
  • 時間は自由に設定してOK
  • タイマーを使うと捗る
  • やる気がでない時の呼び水にも
  • 願望実現を阻むメンタルブロックの解除にも
目次
目次