▼ただいまメンテナンス実施中につき表示が崩れる箇所アリ

『ホ・オポノポノ』とは?紹介しないわけにはいかない潜在意識のクリーニング法

『ホ・オポノポノ』とは?紹介しないわけにはいかない潜在意識のクリーニング法

こんにちは!みろくです!

皆さんは『ホ・オポノポノ』をご存知ですか?
引き寄せの法則を知る上でも良く聞く言葉かと思います。

願望がなかなか叶わない場合、それを阻害するメンタルブロックが潜在意識にあるとされますが、そのブロックを除去する浄化法です。

当ブログでもご紹介しないわけにはいかない知恵ですので、記事にさせていただきました。

実は僕、今から20年くらい前のことになりますが、『ホ・オポノポノ』の第一人者「ヒューレン博士」とお会いしたことがあるのです。

目次

ホ・オポノポノとは

ホ・オポノポノとは…ネイティブハワイアンに伝わる問題解決の知恵です。

「今、目の前で起きている現実はすべて、自分の記憶から現実化したものである」という考え方が根底にあり、「自分の人生に起きることすべては自分の責任」と説いています。

これは当ブログで度々書いていますが、引き寄せの法則とは「自分の内面の状態が、現実に投影される法則」ともマッチしている考え方ですよね。

問題は、外にはありません。
問題の本当の原因は、あなたの内にいるもう一人の自分『ウニヒピリ』が、 これまで溜め込んできた記憶です。
「ホ・オポノポノ』であなたは、記憶を消去する方法を学びます。
そして、もともとあなたが そうであったはずの完璧で美しい 「ほんとうの自分」を生きるのです。

イハレアカラ・ヒューレン博士

イハレアカラ・ヒューレン博士

現在の『ホ・オポノポノ』第一人者であるヒューレン博士の言葉です。
『ウニヒピリ』とは「潜在意識」のことです。

あわせて読みたい
潜在意識が願望を実現する仕組み(図解あり)
潜在意識が願望を実現する仕組み(図解あり)「潜在意識」という言葉は、引き寄せの法則とセットでよく使われます。願望実現には欠かせない要素です。ですが、潜在意識についての知識や認識は、結構あやふやな方が...

伝統的なホ・オポノポノは少し複雑な内容ですが、現代でも活用しやすくアレンジした『セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)』が広く伝わることになりました。

このSITHは「4つの言葉」を自分自身の内面に唱えてく手法で、世界中で認められた自己浄化法なのです。

「4つの言葉」で潜在意識をクリーニング

さて、アレンジされた『ホ・オポノポノ』が広く伝わった理由の1つは、実践がすごく簡単な事にあるかと思います。

問題が起きた時に、以下に紹介する「4つの言葉」を、問題の原因である潜在意識に向かって言い続けるというものです。

ホ・オポノポノ』

  • ごめんね
  • ゆるしてね
  • 愛してるよ
  • ありがとうございます
[aside]一般に伝わっている言葉とは言い回しが少し違いますが、僕が以前に教わった言葉をそのままご紹介します。 [/aside]

この4つの言葉を1セットとして、繰返し繰返し、自分の潜在意識へ向けてただ唱えるだけです。
ね、簡単でしょ^^。

悲しみを抱えたままのインナーチャイルド

記憶は潜在意識の中にあります。
過去に負った様々な悲しみや苦しみは、その時に無視をしたり蓋をしたりすると、そのまま潜在意識に残り続けることになります。

潜在意識は、本来「純真無垢」です。それはまさに子供のようだということで「インナーチャイルド」とも呼ばれています。

その自分自身の子供の意識に向かって、4つの言葉を言ってあげるのです。

子供に語りかける言葉なので、分かりやすくシンプルなものが良いですよね。
ですから、この4つの言葉がとても有効なのです。

具体的なやり方

潜在意識に向けて言い続ける

潜在意識に残っている記憶の傷を癒やすことになりますが、「どの記憶を癒やすのか」ということは分からなくても大丈夫です。

何か問題が起きた時に、その原因である自分の潜在意識に向けている"つもり"で、4つの言葉を繰返し言い続けましょう。

何度も繰り返す

特に回数が決まっているわけではありませんが、何度も何度も、繰返し繰返し、時間が経って思い出した時にまた繰り返す、そうすることがとても有効です。

心の中でも声に出してもOK

これは声に出すか出さないかはどちらでもOK。もし声を出せる環境にあれば、出した方が効果的かと思います。

感情や思い込みナシで言い続ける

潜在意識をクリーンにする浄化法ですが、「この苦しみから逃れたい!」「なんとしてでも綺麗にするぞ!」といった思いを抱いていると上手くいきません。

それは、問題を「問題のまま固定してしまう」ことになります(問題に”執着”している状態ですね)。

感情や思いは不要です。「無心」に、言葉の「音を響かせる」つもりで唱えましょう。
(声に出していなくても、あなたの内面でちゃんと響いていますよ)

何か思いが湧いてきたら「味わい尽くす」

続けていると、未消化の思いが湧き出てくることがあります。
泣きたくなったり、怒りが湧いてきたり、不安になったり。そんな感情が出てきたときは、『ホ・オポノポノ』を一旦辞めて、その感情エネルギーを味わい尽くしましょう。

「味わい尽くす」の言い方を変えると、湧いてきた感情とともに「一緒にいる」感覚です。その感情が満足するまで、ただ自分の内面に意識を向けて「一緒にいる」のです。

それを感じきると、ブロックしていたエネルギーが消えていきます。

どんな時に活用できる?

日常では様々な問題が立ち上がってきます。
その問題には原因があり、どんな問題であっても自分の潜在意識に原因があるとする考え方が『ホ・オポノポノ』です。

以下のような問題にぶつかった時には、積極的に唱えてみてください。

人間関係の問題

一番多いのが人間関係の問題でしょう。
嫌いな人、邪魔をする人、気分を害する人、喧嘩相手など、そんな相手がいることによって自分の心がネガティブな感情で支配される時には、すかさず『ホ・オポノポノ』です。

また、普段は大好きな人でも、その時の発言によっては自分の心がネガティブに反応することがあります。そんな時も活用しましょう。

その相手が目の前に居なくても問題ありません。
相手に対して『ホ・オポノポノ』をするのではなく、湧いてきた自分の内面の思いに『ホ・オポノポノ』ですよ!

出来事による問題

例えば、学校の成績、収入やお金の問題、損をした、事故や災害にあった、病気になった、失恋した、大事なものを壊した、計画が上手くいかない、やりたくない事をしている時など、心が落ち込んだり怒りが湧いてくる時に『ホ・オポノポノ』です。

こちらも人間関係と同じく、出来事そのものではなく、自分の内面に向かって唱えましょう。

ただなんとなく

理由はないけれど、「4つの言葉」を言っていると落ち着く、なんて場合でもOKです。
潜在意識はすべてを知っています。「なんとなく」な気分は潜在意識からのメッセージです。

寝る前の習慣にしてしまうのもオススメですよ!

問題をクリーンにすると願望実現へ近づく

『ホ・オポノポノ』も「引き寄せの法則」も、アプローチするのは「自分の内面(潜在意識)に対して」という点でまったく同じです。願望実現をブロックしている思いを潜在意識に抱えていると、引き寄せの法則はなかなか働いてくれません。

何がブロックになっているかは分からなくてもいいのです。
あなたが潜在意識に残しているブロックは、それを解消するために何度も何度も問題として現れてきます。

出てきた問題は、その都度『ホ・オポノポノ』でクリーニングしてしまいましょう。

問題が解消され、気分も晴れて、願望実現に近づいていく…そんな素敵な知恵『ホ・オポノポノ』を是非活用してください!

これらの活用法については、下の記事でもご紹介していますよ。

あわせて読みたい
生活の中の【問題エンカウント】は潜在意識を浄化するチャンス!問題が起きて苦しい時にすべきこと
生活の中の【問題エンカウント】は潜在意識を浄化するチャンス!問題が起きて苦しい時にすべきことこんにちは!引き寄せ勇者みろくです!日々の暮らしでは、様々な問題に「エンカウント(遭遇)」しますよね。例えば、家族とケンカしたり、失恋したり、お金が足りなく...

余談:20年前のイベントにて

さて、ちょっと余談ですが、僕がヒューレン博士とお会いした時の事を。

20年ほど前、僕は『ホ・オポノポノ』はもちろんのこと「引き寄せの法則」も知らない若者でしたが、知人からとあるイベントの手伝いを頼まれて行ってみた先に、ヒューレン博士がいらっしゃいました。

そのイベントは『ホ・オポノポノ』を紹介するものでした。ただし「4つの言葉」を用いる『SITH』の紹介ではなくて、「世界の国々が戦争をせずに仲良くしていくにはどうしたら良いか」というテーマの講演でした。

その中でロールプレイング形式による、伝統的なホ・オポノポノのシミュレーションが行われました。確か「ハワイアン式・裁判」と紹介されたように覚えています。

様々な国の代表という役割を役者が演じて仮想会議を行います。最初に、その国が戦争や国交で負ったダメージを相手国に対して訴えていきます。(日本と韓国のような問題ですね)

それぞれの言い分を存分に述べた後、今度は自分の国が相手国にした負の行為を省みて反省をします。そうすると、自国も相手国に対して相応の暴力を振るっていたことに気づきます。

そして最後には、お互いに相手国を許し、そしてお互いに必要な補償や援助をしていく、というものでした。(うろ覚えの記憶なので、かなり大雑把な説明ですいません)

つまり伝統的な『ホ・オポノポノ』は、ネイティブハワイアンの「紛争を解決する知恵」という事。

それをより個人の問題解決としてアレンジしたのが「4つの言葉」を唱える『セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)』なんですね。

この時は何も分からずイベントのお手伝いをしていましたが、貴重な経験をさせていただきました。
10年後には僕の人生の基盤になっていた教えです。

目次
目次