▼ただいまメンテナンス実施中につき表示が崩れる箇所アリ

潜在意識が願望を実現する仕組み(図解あり)

潜在意識が願望を実現する仕組み(図解あり)

潜在意識」という言葉は、引き寄せの法則とセットでよく使われます。願望実現には欠かせない要素です。
ですが、潜在意識についての知識や認識は、結構あやふやな方が多いのでないでしょうか。

引き寄せの法則は「あなたの内面の状態が、現実に投影される法則」と、このブログでは説明しています。

[aside type="normal"]「内面」とは、あなたの「心・思考・思い・感情・記憶・精神・意識」などを指しています。

これらの言葉はどこかボンヤリとしていて区別や共通の認識が難しい部分なので、「内面」という言葉でパッケージ化して使用することにしました。[/aside]

つまり「現実を変えるには自分の内面を変えること」というのが引き寄せの法則の肝になるのです。
この内面には大きく分けて、「顕在意識(けんざいいしき)」と「潜在意識(せんざいいしき)」がありますので、こまかく解説していきますね。

この記事の内容を知っておくと、あなたの願望を実現させるためにはどの「内面」をどう変えればいいのかがハッキリしてきますよ!

目次

顕在意識と潜在意識

心理学者のフロイトが発見し定義した意識の区別です。顕在意識(けんざいいしき)、潜在意識(せんざいいしき)と読みます。
これを発見したことで、心理学に革命的な発展が起きたと言われています。

意識の区分け

  • 自分で認識できる『顕在意識』(または表面意識)
  • 自分で認識できない『潜在意識』(または無意識)
画像

このことは良く「氷山」に例えられます。

海面の上に出ている山の部分を「顕在意識」と例えています。外からもはっきり見えますが、全体の5〜10%程度の部分です。

そして海面の下はよく見えません。その部分を「潜在意識」と例えています。見えない部分ですが、全体の90%以上を占める意識の本体です。

つまり、普段私達が認識できている意識は、意識全体のほんの一部である「顕在意識」だけだということです。

さて、このことを踏まえて、引き寄せの法則を理解するための図を作りました。

潜在意識図

【図解】引き寄せの法則における潜在意識の理解図

少し色々と書き込んでいますが徐々に説明していきますね。

前述の「氷山」の例えを流用して、三角形の部分があなたの意識全体と思ってください。
水色の波線より上が「顕在意識」、その下が「潜在意識」です。

一番下には、「引き寄せを起こすエネルギー」つまりは願望を叶えるエネルギーあります。ここに引き寄せの働きの中心部があると知ることはとても重要です。

[aside]このブログでは「クリエイター」と呼んでいますが、その窓口とも呼べる領域です。 [/aside]
あわせて読みたい
【引き寄せRPGの基礎概念】現実世界はクリエイターが創り出した実現ゲーム!
【引き寄せRPGの基礎概念】現実世界はクリエイターが創り出した実現ゲーム!こんにちは!今回は「引き寄せRPG」の基本的な概要を説明していきます。RPG好きな方は、「ゲームキャラを成長させる」ことが何よりも楽しいのではないでしょうか。僕も...

「思考」は顕在意識の領域

まずは、顕在意識(表面意識)にフォーカスしてみましょう。

【顕在意識】思考

顕在意識の主な働きは「思考」です。

思考は、海面より上に出ている氷山の一部分です。ですが、あなたが認識可能な領域としてその大部分を占めています。あなたにとってはまるで「自分自身=思考」というような感覚になっていることでしょう。

ですが、前図で示しているように、「思考」はあなたの内面のほんの一部分でしかないことを理解しておいてください。

引き寄せの法則として伝えられる「思考は現実化する」という理解も、このことを踏まえると、すこし注意しなくてはいけませんね。
自分の内面が変われば現実が変わりますが、内面の一部分である「思考」だけでは、現実化にはかなり物足りない感じがします。

【顕在意識】想像/イメージ

「思考」が主に言語による働きとすれば、映像のようなビジュアルを働かせるのが「想像/イメージ」でしょう。

引き寄せの法則でも、願望が叶った様子を「イメージ」する手法がありますが、これも意識のなかの一部分の働きです。
このイメージングによる手法をうまく働かせるにも、潜在意識の奥に届けなくてはなりません。その為に、夜寝る前や朝起きたときなど顕在意識の働きが弱まっているときに行うことが効果的です。

【顕在意識】願望

そして、実のところ「願望」も思考などと同じくこの顕在意識の領域にあるわけです。

図では、赤字で書かれた「願望」の下に矢印を引いています。
これをいかに「引き寄せエネルギー」にまで届けるか、それにはどうしたら良いのか、願望実現にはそこが肝になります。

潜在意識は内面の90%以上を占め、顕在意識に影響を与えている

今度は、意識の本体である「潜在意識」にフォーカスしてみます。
顕在意識に比べて非常に広い領域を占めていますから、多くのことを内包していると想像できるかと思います。

【潜在意識】記憶(トラウマ)

潜在意識の代表格が「記憶」です。

これは実際に体験した現実的な記憶だけではなく、妄想や想像による「思い込み」で捏造された「記憶」もあります。潜在意識は、この両者を区別することはできないそうです。つまり想像による記憶でも、実際にあった経験のように潜在意識の中に格納されるのです。

事実と妄想の違いがないということは、「記憶」を書き換えることが可能だということです。

また「記憶」には「トラウマ」と呼ばれる”心の傷”も存在するでしょう。

これは、特に病理的な傷でなくても、ほんの些細な出来事を”心理的な傷”として抱えている場合が多くあります。子供のころに叱られたことなど、誰しもが抱えている些細な出来事でも、人によってはそのことに傷を負ってトラウマになっていることがとても多いのです。

それらは引き寄せにとっては、メンタルブロックと呼ばれる障害です。
願望がこのブロックにせき止められると、引き寄せエネルギーまで届きません。

この傷を癒やすことも、願望実現にはとても有効です。

記憶の表面化「癖・習慣」

潜在意識の中に収まった記憶は、普段は思い出すことがありませんよね。
ですが、「」や「習慣」として常に表面化しています。

過去の記憶や思い込みが潜在意識に沈み込んで蓄積され、その影響を受けた「癖・習慣」として表面に現れる。そしてあなたの思考や行動にも影響を与えているわけです。

この癖や習慣を変えていくことが、多くの引き寄せ指導者が推進している内容です。潜在意識にある「記憶」と連動しているので、「癖・習慣」を変えれば「潜在意識を書き換える」ことになります。

【潜在意識】感情

さて、「感情」も潜在意識にあります。
前述した記憶に反応して、顕在意識まで湧きでてくるのが「感情」です。

「感情」は後述する「愛」のエネルギーが変化したものだとも言われています。「記憶」というフィルターを通して変容した「愛」が、顕在意識では様々な「感情」となって現れるのですね。
ちょうどサングラス越しに見るとまわりが暗くなるのと同じです。

同じ出来事に遭遇しても、そこで生まれる感情は人それぞれ違ったりしますが、その違いを生み出すのは、個々人で抱えている記憶やトラウマの違いというわけです。

そのことで、「感情」が潜在意識の状態を知るバロメータになっているのです。

【潜在意識】原始的欲求

さらにその奥には、より原始的で生理的な領域があります。
自律神経など生命活動を司っている部分ですね。呼吸や血液の流れ、内蔵の働きなど、意識することなく無意識のうちに行っていけるのは、この領域があるからです。

この"原始的な欲求"はかなり深い場所にあり、「引き寄せエネルギー」とは非常に近い関係にあります。

私達が今、空気に不足がないのも、水を飲めるのも、食べたものが無意識のうちに消化されるのも、その欲求が「引き寄せエネルギー」に伝わりやすい領域にあるので過不足なく引き寄せられている(提供されている)と考えることができます。

干渉しあう「心」と「記憶」と「愛」

改めて、先程ご紹介した図を思い出してください。

【図解】引き寄せの法則における潜在意識の理解図

顕在意識・潜在意識の区別もそうですが、あなたの内面は、それぞれの領域できっちりと線引きして区分けが出来るような単純なものではありません。

それぞれの領域が干渉し合って、あなたの内面を作っています。

三角形の内部に書かれているものに注目してください。
意識とは別視点での区分けをしました。

」「記憶」「愛・本能」そして「引き寄せエネルギー」です。
すこし色を付けてグラデーションで表していますが、こんなニュアンスでそれぞれが干渉し合っています。

「愛・本能」は変わることのない絶対的な領域

「愛」と「本能」とで言葉を分けていますが、同じものと考えてください。

この「」については、認識を共有する必要があるでしょう。非常にデリケートな部分です。
ここで言っている「愛」は、恋愛感情でのみ使われるそれとは少し違います。

言葉を変えるならば「安心・充足・感謝」などが当てはまるでしょう。
あるいは「無償の愛」のように、条件や駆け引きのない純粋な思いやりと言ってもよいですね。

[aside type="normal"]「愛」という言葉に抵抗のある方もいらっしゃるかと思いますので、「安心・充足・感謝」で置き換えてみてください。[/aside]

【潜在意識】愛

さて、あなたの内面の非常に深いところに「愛」があります。
そして、そこに寄り添うように「引き寄せエネルギー」があるのです。

というよりも「引き寄せエネルギー」は「愛」そのものと言って良いと考えます。

互いに「愛」のエネルギーなので、引き寄せの親和性がとても高く、常に同調しています。
そして、「愛」は変えることが出来ない不変のエネルギーでもあります。

「記憶」は書き換えられる

前述でも説明しましたが、中間層は「記憶」の領域です。
過去さまざまな体験で培ってきた「思い込み(解釈)」とセットで蓄積されています。

メンタルブロックを外すことを目的として、よく言われる「浄化」や「癒やし」または「許し」などの行為は、この領域に対してのアプローチです。

「愛」とは違って、後天的に生まれた「記憶」は変えることが出来ます。
より正確に言うならば、記憶の捉え方を変えて、そこから生まれる「思い込み(解釈)」を書き換えることが出来るのです。

例えば、両親が離婚した記憶があると「男女の仲は上手くいかない」という思いを抱えることがあります。あなたが願望で「結婚したい」と思っていても、その思いによってブロックされてしまいます。

願望実現には、そのブロックとなっている思い込み(解釈)を変える必要があるというわけです。

「心」は潜在意識への橋渡し

さて、一番上の領域に「」があります。

図を見ていただくと、「心」は顕在意識から潜在意識にかけての領域になっています。
あなたが意識できる部分でもあり、潜在意識にアプローチできる部分でもあるのが「心」です。

「心」の役割は、すこし味気ない表現になりますが「反応装置」です。
日常の様々な出来事に心は反応します。記憶にも反応します。外からの刺激にも、潜在意識にある記憶にも反応するのが「心」です。

その「心」の”反応の仕方”を変えること(解釈を変えること)が引き寄せの極意と言えます。
なにせ、私達がアプローチ出来るのは、顕在意識に現れている「心」だけなのです。

心の状態を変えることで潜在意識も変えていくことが出来ます。

では、どう変えれば良いのか?

POINT「心」を「愛」の波長に近づける

「安心・充足・感謝」の反応をすること、イコール「愛」の波長になっていることを意味します。

そして、「心」が「愛」の波長になると、引き寄せエネルギーとの親和性が高まり、願望が叶いやすくなるというわけです。
その状態になれば、図で示した「願望」の矢印が、引き寄せエネルギーにまでスムーズに届けられることをイメージしやすくなると思います。

潜在意識への2つのアプローチ法

「心」を「愛」の波長にするアプローチは2つです。

潜在意識アプローチ法

  1. 意識的に「安心・充足・感謝=愛」を心に満たす
  2. 心の働きを弱める

1.は「自愛」、つまり自分自身を愛することです。
2.については、これを目指す代表的な方法が「瞑想」です。

しつこいですが、再び図をご覧ください。

【図解】心の働きが弱まると「愛・本能」が顕在意識に近づく図

心の働きが弱まるとどうなるのか?
潜在意識の下層部分にある「愛・本能」の領域が上へ押し上げられてくるのです!

より顕在意識に「引き寄せエネルギー」が近くなり、願望に近づいてきます。
これの効果を期待して、昔から賢人たちが行っているのが「瞑想」なのです。

ほんの少し余談ですが、芸術家や科学者たちがインスピレーションを受ける時というのは、概ねボーっとしていたりシャワーを浴びていたり、リラックス状態の時に受け取っています。創造のエネルギーが潜在意識の奥にあるので、心の働きが弱まっている時にそれが浮きあがってきて、様々なアイデアを得ているんですね。

引き寄せRPGでは、この2つのアプローチを意識したメソッドなどを紹介していきますよ。

そして、あなたの願望実現のための引き寄せの法則を理解するのに、この記事で紹介した顕在意識と潜在意識の説明がきっとお役に立つかと思います。

目次
目次