『ボディランゲージが人を作る』身体から作れるポジティブ状態【TED】

2020 5/12
『ボディランゲージが人を作る』身体から作れるポジティブ状態【TED】

こんにちは!みろくです!

TEDスピーチをたくさん紹介しようと思って一年くらい経っていました…
どんどんご紹介しなくては!

今回は、エイミー・カディさんのボディランゲージが人を作るについての講演をご紹介します。

TED(テド)は、あらゆる分野の達人たちがプレゼンテーションを行う世界的講演会。ネット上で無料視聴ができます。(動画は記事の下の方に掲載)

どんな内容?

エイミーさんは、ボディランゲージなどの身体ポーズを2分間変えるだけで、人生が大きく変わると言います。

皆さんにひとつ無料で技術不要の人生術をお教えしましょう。姿勢を2分間変えるだけでいいんです。

エイミー・カディ : ボディランゲージが人を作る | TED Talk

ポーズや身体の動きで、思いや考えを伝えることができますよね(ボディランゲージ)。手のひらを相手に向けて腕を突き出せば拒否を示しますし、指で丸を作ればOKのサインです。

言葉は他者に影響を与えますが、そういった非言語なアクションも同じです。そして、そのアクションやポーズは自分自信も影響を受けているのだと教えてくれています。

多くの人はスポーツで勝利した時などに、両手をVの字に突き上げて顔をやや上に向けます。これは他人を真似したものではなく、生まれつき目の見えない人でも同じポーズを取るそうです。

一方で、無力だと感じる時はちょうど逆のことをします。縮こまり、体を丸め小さくなり、他の人と接触すまいとするのです。

それに気づいたエイミーさんは、ボディランゲージによって見かけだけの「フリ」をしてみたら、実際に内面の心理も変わるのかを実験してみたとのこと。「力強い状態」の時の体内ホルモンに注目して、ポーズによるホルモン変化を測定することにしました。

被験者にポーズをしてもらった後に、様々な場面での心理的変化を質問し、さらに唾液のサンプルを取ります。そしてギャンブルする機会を与えて、「チャレンジする力強い心」が芽生えるかを確かめました。

その結果、力強さと無力のポーズに沿って、それぞれホルモンが変化し、ギャンブルにチャレンジする率も増えたとの事。たった2分間ポーズをとっただけなのに!

ギャンブルへの挑戦が増えたことは、「ハズレを引くリスク」よりも、「当たるかもしれないポジティブさ」に意識が向いているということ。リスクがあっても「挑戦する意欲」が強くなったのです。

非言語行動は、他人がどう見るかだけでなく、自分で自分のことをどう思い、どう感じるかも決めるのです。そして体は心に影響を及ぼします。

エイミー・カディ : ボディランゲージが人を作る | TED Talk

後半ではエミリーさんの実体験を通した自身の変化を語ってくれるのですが、最後には観客総立ちのスタンディングオベーションで講演を終えました。

エミリーさん自身が、前向きな姿勢のフリをしたことで、落ち込んでいた気持ちが改善され、人生を大きくポジティブに変えたようです。

その感動の様子は、是非視聴してみてください。
(動画時間/20分55秒)※字幕が出ない場合は、動画右下のアイコンから言語を選択してください。

エイミー・カディ : ボディランゲージが人を作る | TED Talk Subtitles and Transcript | TED

必要なのは自分の体と、1人になれる2分間だけです。それが彼らの人生を大きく変えることになるはずです。

エイミー・カディ : ボディランゲージが人を作る | TED Talk

引き寄せの法則の難しいところは、自分の内面にポジティブな変化を起こすことです。自分の内面なのにうまく変えられない…そんな苦しみに光を当ててくれた講演です。

(身体的な)フリを変えると、
自分が変わる

ものすごく簡単でシンプルな方法です。
引き寄せRPGにも、是非取り入れたいと思います!

あまりブログでは語っていませんが、僕は長いこと演劇に携わっていました。演技というのも同様の変化を体験します。台本を文章で読み、動きをつけて何度も繰り返していると、自然と役柄に沿った相応の感情が芽生えてくるのです。

「嘘からでたまこと」という言葉もあります。最初は嘘であっても、繰り返しているうちに本当のことになるということわざですね。

これは内面をポジティブに変えていく側面もありますが、逆にネガティブにも変わっていくものです。日常の中で、無意識のうちにネガティブになるようなポーズをとっていることも少なくありません。

普段から自分がどのようなポーズを取っているのか気にしてみましょう!姿勢の悪さやネガティブな態度が、不運を引き寄せている元凶かもしれませんよ。

個人的な昔話ですが僕が中学生のころ、校長先生が朝礼の度に「王者の風格」という言葉を使った話をしてくれました。スポーツが強い学校だったので、そのことを讃えながら”王者の自信”を持って日々を暮らしましょう、という教えでした。
今思えば、まさに姿勢が自分を変えていくことを教えてくれていたのかもしれません。

願望が叶っている自分が、どんなポーズを取って、どんな表情をして、どんな風格なのか、想像してみてください。そして、それを今、フリだけでいいので実行してみましょう!そのポーズが、何を引き寄せるのか楽しみですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる