自分フェチになろう!引き寄せ体質に近づくファーストステップ

2017 5/06
自分フェチになろう!引き寄せ体質に近づくファーストステップ

こんにちは!みろくです!

前回の記事からかなり時間が経ってしまいました〜、スイマセン!
少し多忙な毎日を過ごしてる次第です!

僕の経験的なことですが、引き寄せが起き始める時は、”頼まれ事が増える”ように感じています。
しかしそれが自分の願望実現と関係があるのか結果が出るまでは分からないことですが、目の前のことを”楽しみながら”片付けていくことも、引き寄せのコツのかな〜と思っています。

さて、何事も土台がしっかりしていた方が、事が進みやすいものですが、少し前の記事から”引き寄せの土台を固める”内容を心がけて書いていますよ。

今回は「自分フェチになろう」です。

目次

自分にこだわる

「フェチ(フェチズム)」は「物神崇拝」という意味で、モノに対して崇拝するほどの愛着を持つ、といった言葉だそうです。

普段使われる意味では、エロチックな意味で異性の身体に性的な魅力を感じる部位を指すことが多いですね。もしくは、ものすごく好きなモノやコトなど単純な好みを指す場合もあります。「○○フェチ」という風に使われています。

ちなみに僕は「足フェチ」です!(いきなりスイマセン)
女性の足がとても好きなので、街を歩けばついつい足に目がいってしまいますし、それを見るととても幸せな気持ちになります(ほんとスイマセン!)。

そんなフェチ心を、是非とも自分の内面にも向けましょう、という提案なんです。

これは、自分の姿カタチ(外面)を愛でましょう、ということではありません。もちろん、外面も好きになれたらベストですが、ナルシストのススメではありません。

あなた自身の内面(心や意識)をついつい見てしまうほど気にかける、そんな「自分(の内面)フェチ」になることが、引き寄せにとても役立つのです。

自分の内面の状態を常に気にかける

僕の足フェチ話に戻って恐縮ですが、自然と女性の足に目線が向いてしまいます。。好きだからこそ、です!(偉そうに言うことじゃありません)

足フェチの目線となると、相手があってのことでその方の迷惑にもなるのでジロジロと見るわけにもいきませんが、自分の内面を見るとなれば話は別。どんなに見ても迷惑になりませんし、「自分の内面というのは本当はとても見て欲しがっている」んです!

「心」は無視をされるととても傷つきます。
あなたの心というのは常に気にかけて欲しがっています。そして、その欲求を他者に求めてしまうことがほとんどかもしれません。

ですが他者というのはとても気まぐれで、いつだって見てくれる、側にいてくれる、なんて状態はなかなか実現しません。
恋愛においては、そのことに苦しんでいる方がたくさんいることでしょう。

引き寄せの法則を当てはめると理由がよく分かりますよ。
当ブログでは引き寄せの法則は「あなたの内面の状態が、あなたの現実に投影される法則」と説明しています。

つまり、あなたがあなた自身を無視している状態だと、恋人だったり家族だったり、あらゆる人間関係で無視されるような現実が現れてくるのです(”無視”だけではなく”円滑ではない関係”になりやすいんです)。

RPGでは操作する自キャラがどんな能力や特色を持っているのかをとても気にするはずです。その能力をどう活かすか、長所を伸ばすか短所を補うか、そんなことを考えて育成の励むのがRPGの面白いところですし、ゲームを進めるための肝でもあります。

あなた自身(あなたの内面)をあなたが気にかける、そんな「自分フェチ」になることは、引き寄せ体質になる為に、引き寄せゲームを有利に進める為に、とてもとても重要なことなんです。

好きな自分も嫌いな自分も、どっちも気にかける

またまた僕の足フェチ話に戻りますが、フェチというだけあって様々な”こだわり”が結構あるんです。
フェチだからこそ「足ならなんでも大好き〜」とはならないんですね。
僕の場合は、柔らかさを感じる曲線にこだわりがあって、そのこだわりに当てはまらない足だと残念に思ってしまいます。

「自分フェチ」ともなれば、自分のここは好き、ここは嫌い、という思いが出てくるのも当然です。ですが、好きな内面も、嫌いな内面も、別け隔てなく意識してあげて欲しいのです。

嫌いな部分というのは目を背けたくなるもです。
ですが、あなたの願望がなかなか叶わないならば、その原因は嫌いで見ることを拒否しているその部分にあるのかもしれませんよ!

自分の嫌いなところを意識するのは、あまり気分が良くないかと思います。
引き寄せで良く言われる「良い気分でいる」とか「ポジティブに考えよう」という教えとは逆行しているようにも思えるでしょう。

ですが、「臭いものには蓋」のように見て見ぬふりをしているうちに、蓋の隙間からは異臭が漂ってきてしまうものです。そこに気づかないふりをしていても、いつかは処理しなくてはならない現実が現れてくるのではないでしょうか。

そんなあなたが”見たくない自分の内面”は、実は宝石の詰まった宝箱なんですよ!

家にある異臭を放つ生ゴミは、農作物を育てる肥料になるのです。
あなた自身が嫌いない内面は、あなたの願望を育てるための大切な肥料なんです。

自分フェチ=自愛

さてこの記事は、自分の内面を常に気にかける「自分フェチ」になろう、というお話でした。

そして自分の内面にあらわれてくるものが「好きな内面」でも「嫌いな内面」でも、どんなものでも意識を向けよう、ということをお伝えしました。

次のステップが引き寄せでは一番重要な要素である「(自分自身で自分を愛する)自愛」なのです。

これは、引き寄せの法則である「あなたの内面の状態が、あなたの現実に投影される」法則を、願望実現に活かすために不可欠な要素です。

自愛」をするために、まずは心や意識といった自分の内面に目を向ける必要があるのです。

今の世の中は、いかに”外に目を向けさせるか”という仕組みに溢れています。
テレビやネットなどの娯楽、魅力的な商品、どこでも目につく広告、などです。

それらが悪いわけではありませんが、”内面に目を向ける”ことから遠ざかってしまっている方々も多いので、是非とも「自分フェチ」を意識して、あなたがあなた自身を愛でてあげる時間を増やしてください。

ここでは「自分の内面を見る意識」を常に持つことが引き寄せには重要です、というご紹介になります。
実際に、あなたの内面を引き寄せに適した内面に変えていく「自愛」のお話はまた別の記事でご紹介させていただきますね。

何度も書いてしまいますが、「自分が嫌い」「自分の○○が嫌い」というネガティブな思いも無視しないことがとても大事なのです。そんな思いもちゃんと認めてあげてください。
大事なことなので何度も書きました^^

あわせて読みたい
【HPMP概要】RPGの「HPとMP」を引き寄せの法則で活かす!波動ポイントと満足ポイント!
【HPMP概要】RPGの「HPとMP」を引き寄せの法則で活かす!波動ポイントと満足ポイント!こんにちは!引き寄せ勇者みろくです!今回は、引き寄せRPGらしい内容にして、超重要な概念をお伝えします。引き寄せの法則における「HPとMP」についてです。RPG(ロー...
目次
目次