感謝を口にするだけの「フリ」と、心からの「感情」を伴うこと

2018 10/17
感謝を口にするだけの「フリ」と、心からの「感情」を伴うこと

こんにちは!みろくです。

引き寄せの法則や自己啓発のメソッドの中で、「フリをするだけ(形だけ)で良い」というものと、「感情や気分が大事」というもの、どちらもあって混乱することがありますよね。

当ブログでも両方のことを書いています。
これってどういうことなのでしょうか?

自転車や車のギアに例えて説明したいと思います。

ギアはスピードを上げたいときに、1速、2速、3速…と上げていきますよね。

止まった状態からスタートするには1速を使います。1速や2速は力が強く、動いていないものを動かすには最適なギアなのです。

動き出した後は慣性が働きますから、力が弱くても回転の早い3速、4速を使用すればスピードが上がって勢いが増してきます。

感情などが伴わない形だけの「フリ」は、1速〜2速のようにスタート時に最適な方法、そして速度が上がってからは3速以上を使用した方法、つまり「感情や気分」などを意識するとよいのです。

内面状態の良いときは勢いがついてますから、「感情や気分」をポジティブにすることは比較的簡単に出来るかと思います。でも、状態には浮き沈みがありますから、ちょっと落ちているときに「感情」をポジティブにしようとしても上手くいきません。

まずギアを1速(フリ)からスタートして、勢いがついたら3速以上(感情)を意識するとよいのですね。

記事タイトルの「感謝」については、まずは言葉だけ「ありがとうございます」を口にすることをスタート地点に考えて、それを続けて勢いが増してくると、感情を伴った「感謝」が湧いてくるようになる、ということです。

ですから、「フリ」だけでOK!ではなく、その先には本心の「感情」が伴うことを意識してみてください。

本来のあなたというのは、F1マシンのように超高性能なモンスターマシンなのです。
そんな車でも、最初は1速や2速からスタートしなくてはなりません。でも、さらにギアを上げたときにこそ本領発揮です!

「嘘から出た真」のように、フリを続けていると自分が変わってくるのですよ。

以前ご紹介したTEDの講演がまさにその内容ですので、興味があればご覧になってみてください。

あわせて読みたい
『ボディランゲージが人を作る』身体から作れるポジティブ状態【TED】
『ボディランゲージが人を作る』身体から作れるポジティブ状態【TED】こんにちは!みろくです!TEDスピーチをたくさん紹介しようと思って一年くらい経っていました…どんどんご紹介しなくては!今回は、エイミー・カディさんの『ボディラン...
目次
目次