▼ただいまメンテナンス実施中につき表示が崩れる箇所アリ

『幸せを目指すだけが人生じゃない』幸せの追求より生きがいを見出そう【TED】

『幸せを目指すだけが人生じゃない』幸せの追求より生きがいを見出そう【TED】

こんにちは!みろくです!

今回のTEDご紹介は、エミリー・エスファハニ・スミスさんの『幸せを目指すだけが人生じゃない』です。
(動画は記事の下の方に掲載してます)

[aside]TED(テド)は、あらゆる分野の達人たちがプレゼンテーションを行う世界的講演会です。ネット上で無料視聴ができます。[/aside]

引き寄せや自己啓発では、「今この瞬間に幸せを感じる」という知恵が推奨されています。ですが幸せを感じれない時に、いざ幸せを意識しても雲を掴むような感じで、いったいどうすれば良いのか混乱することもあるでしょう。

そのヒントとして、「生きがい」という視点を紹介してくれている講演です。

作家であるエミリーさんは、学生時代にポジティブ心理学を学んだそうです。そこで得たことは「幸せを追求すると不幸になりうる」ということでした。

なぜそうなるのか、ということには言及されていませんが、本当は何をしなくても幸せなのに、まるで幻を追いかけるように”幸せになろう”とする行為は、苦労が生まれ不幸を感じやすくなるのではと僕は考えます。

以前ご紹介したTEDの『あなたが生まれ持った「幸せ」を感じよう』にもそのヒントが語られていますね。

エミリーさんは、幸せを求めるよりも「生きがい」を求める方が、”より満たされた生き方”になると語っています。

「生きがい」とはなんでしょう。それを以下のように紹介しています。

著名な心理学者であるマーティン・セリグマンは、「生きがい」とは自分を超えたものに属し寄与しているという感覚や、最高の自分をより高めることに由来すると述べています。

つまり、社会や他者への貢献、そして自分の成長ですね。

エミリーさん自身で数年に渡って考察した結果、生きがいには4つの柱があると分かったとのことです。
以下がその柱です。

  1. 結びつき
  2. 目的
  3. 超越
  4. ストーリーテリング

特に、3『超越』と4『ストーリーテリング』が面白いですね。

超越という状態はとてもまれな瞬間で、日々の喧噪からふと離れて自我という感覚が消え去り、より高次の現実と一体になる感覚に陥ります。

時には、あまりに入り込んで時間や場所を忘れてしまうほどです。こうした超越の瞬間は自分を変えてくれます。

これらはよく「ゾーン状態」とか「フロー状態」とも言われています。
もう少し簡単に表現すれば「夢中になる」ということでしょう。

ちなみに、引き寄せが起きやすい状態でもあるのです。
前述の説明には『より高次の現実と一体になる感覚』とあります。スピリチュアル的な表現ですが、「願望が叶っている現実と一体になる感覚」とも言えます。

こういった状態に頻繁になれるなら、とても至福に包まれた人生を送れるでしょう。

さらに4つ目の『ストーリーテリング』は、当ブログで紹介している「多角的に捉える」という知恵にも通じるものがあります。

4つ目の柱は「ストーリーテリング」。自分で語る自分についての物語です。人生の出来事から物語を紡ぐことで物事が明確になります。今の自分に至るまでの過程が理解しやすくなるのです。しかし、その物語を語っているのが自分であることや物語を変えられることに気づかないことがあります。人生は単なる出来事の連続ではありません。自分の物語を編集し、解釈し、語り直すことができます。たとえ事実という制限があったとしても。

自分の人生の意味付けや解釈は、自由に編集し直すことができると語っています。作家さんらしい視点ですね。自ら小説などの物語を紡いでいる経験からも、人生の解釈に制限はないことを実感しているのではないでしょうか。

エミリーさんの実体験として、お父さんが死の淵からの生還した逸話が語られます。宗教家の家庭で育ってきたそうですが、この生きがいの4つの柱が根付いていたそうです。

1つ目と2つ目の柱についても「生きがい」にとってとても大切なヒントが語られています。是非視聴してみてください。
(動画時間/12分18秒)※字幕が出ない場合は、動画右下のアイコンから言語を選択してください。

エミリー・エスファハニ・スミス: 幸せを目指すだけが人生じゃない | TED Talk

 幸せは、訪れては消えてしまいます。でも人生が本当に充実していれば、物事がまったく上手くいかなくても、生きがいがあることで踏ん張れるのです。

「幸せ」と「生きがい」…
区別して語られていますが、生きがいがある時には幸せが感じられます。どちらも人生を豊かにするには必要な要素でしょう。

当ブログでは、人生をRPGのように楽しもうというコンセプトです。それは、人生という冒険に生きがいを見出し、幸せを享受すること。

そこには関わる人々との「結びつき」があって、願望実現や達成の「目的」を持ち、夢中になれる「超越」した日々を過ごし、自分の物語を紡ぎ出す「ストーリーテリング」があります。

僕が目指していることも、「生きがい」を根付かす方法なのだなぁと再確認しました。

目次
目次