▼ただいまメンテナンス実施中につき表示が崩れる箇所アリ

「ポジティブ思考」より「ニュートラル思考」のススメ!バランスを取ると現実が動き出す

「ポジティブ思考」より「ニュートラル思考」のススメ!バランスを取ると現実が動き出す

こんにちは!みろくです。

引き寄せの法則でよく目にするキーワードの筆頭が『ポジティブ思考』でしょう。この法則は、思考や気分、感情や考えていることが現実に引き寄せられる法則ですから、おのずと『ポジティブ思考』の良さはイメージできます。

僕は「ポジティブ思考が本当に引き寄せに有効なのか」と、ずっと気になっていました。自分の経験では、ネガティブ思考に気づいていくことで、引き寄せ体験をすることが多かったからです。ですので、自分の生活で検証といいますか、意識をするようにしていたところ、「ポジティブ思考に偏ると内面が乱れる」と感じることが多く、引き寄せから遠ざかる体験が増えていきました。

ここにきて「ひとつの結論が出たかな」と思いますので記事にしますね。

『ポジティブ思考』より「ニュートラル思考」を意識した方が良いですよ、ということをお伝えします。

目次

「ポジティブ思考」の落とし穴

「ポジティブ思考」とは、物事のポジティブ面・プラス面・メリットに意識を向けて、前向きな気持ちになる考えを採用することですね。

例えばダイエット中の人が、夕食が美味しくて「食べ過ぎ」てしまった時。「あ〜また太るかなぁ」と考えるのは”ネガティブ思考”、「こんな美味しい食事ができて幸せ」と考えることが”ポジティブ思考”です。「太る」というネガ思考が湧いてきたら、それを打ち消して「幸せ」のポジ思考を優先させます。

ネガティブ思考には”罪悪感や後悔”という「マイナス感情」がともない、ポジティブ思考には”喜びや幸せ感”という「プラス感情」が生まれます。どっちが良いかといえば、後者ですよね。

自分の内面を整えることが引き寄せの法則を活かすコツですし、「喜びや幸せ感を内面に満たしましょう」とも当ブログでは書いています。「ポジティブ思考」になんの問題もないように思えますが…。

しかし、食べ過ぎてしまったことに罪悪感を感じるならば、その思考の裏には「太る」という意識を抱えています。そして「太る」現実を引き寄せます。「ネガティブ思考」をしてしまうのには相応の理由があり、痩せたい願望があるならその理由や思いに気づいて手放す必要があるのです。(実際には人それぞれに込み入った思いがありますが…)

「ポジティブ思考」だけを選択したことにより、「願望を妨げている思い込み」に気づくチャンスを逃していると言えます。この「思い込み」が無くならないかぎり、願望実現は茨の道になるでしょう。そして、本心で抱えている思いを無視したことによって、苦しみを感じる要因にもなります。

前述の引き寄せに有効な「喜びや幸せ感」は、「ニュートラル思考」でも生まれる感情なのですよ。

無理やりなポジティブ思考への転換作用

「マイナスな思い」を抱えている時に「ポジティブ思考」を目指そうとすると、無理やりな方向転換をすることになります。しかも、素直な気持ちである「マイナスな思い」を振り切るには、相当なエネルギーを必要としますから、無茶な方法を取ってしまうことも…。

アルコールの力を借りて飲みすぎたり、買物で喜びを得るために浪費に走ったり、身体を壊すほどに仕事に没頭したりと、健康や生活を害する方向に行くこともあります。

それが上手く功を奏して「ポジティブ思考」になれたとしても、抱えていた「マイナスな思い」を潜在意識の奥深くに隠してしまうことにもなります。

隠したその思いが願望実現を妨げる要因かもしれないのに、次の気づきのチャンスはいつになるかも分かりません。

振り戻しの作用

引き寄せの法則の本質という記事で「振り子の原理」として書いていますが、ポジティブ側に偏るとバランスを取ろうとする力が働いて、ネガティブ側へ振り戻しの作用が起こります。

そうすると必然的にネガティブな出来事が起きたり、特に何もなくても不安や心配な気持ちが湧き上がってくることもあります。

波乱万丈な人生を送っている人は、この振り幅が大きいのでしょう。傍目にはポジティブ面ばかり目について幸せそうに暮らしているかもしれませんが、相当の苦労を抱えているのではと思います。

「アファメーション」や「引き寄せノート」もご用心

願望実現メソッドとして有名な「アファメーション」や「引き寄せノート」なども、ここまでの観点から言えば、少し用心しながら活用すると良さそうです。

ポジティブな点にのみ焦点を当ててたアファメーションをしてる場合で、どこか嘘っぽさを感じたり、苦しくなったりするならば、その裏側にマイナス面を抱えているかもしれません。

後述しますが、マイナスな思いを認めてあげるとスッと内面が楽になるはずです。

これらのメソッドでしっくりこない感じがあるなら、勇気をもって一旦止めてみると大きく前進することもありますよ。

「ポジティブ思考」は、内面反応のひとつ

「ポジティブ思考」が悪いわけではありません。「ネガティブ思考の癖」を強く持っているならば、それを改善するために、反対要素の「ポジティブ思考」はとても役立ちます。

そもそも「ポジティブ思考」とは、内面から沸き起こってくる「反応のひとつ」です。同じように「ネガティブ思考」も自然な「反応」です。生理現象のようなもの。

オシッコを我慢してたら体調がおかしくなるように、自然な反応である両極面の「思考」を我慢してれば、苦しくなりますし、願望実現も遠のくでしょう。

「良い悪い」の基準で判断するようなものではなく、「ニュートラル」な捉え方をすると楽になっていきます。

「ニュートラル思考」でバランスをとる

さて、バランスを意識した「ニュートラル思考」のご紹介です。

「ニュートラル思考」とは「ポジティブ思考」も「ネガティブ思考」も両方を「認め受け入れる」こと

なお、「ニュートラル思考」も自然な「反応」の結果です。無理やりにニュートラルへ変化させることではありません。

自然と湧いてきた「ネガティブ思考」を認め受け入れて、その反対側にある「ポジティブな考え」も認め受け入れるのです(その逆も同じです)。その結果、どちらに偏ることもない「ニュートラル思考」になります。

前述の「食べ過ぎ」の例で言えば、美味しい食事で「太るかも(ネガ思考)」と反応したら、その反応を拒否することなく「あ、ネガ思考した」と認め受け入れます。そして、内面をよく見れば「美味しい食事で幸せ(ポジ思考)」の反応もあるのです。その両方を「認め受け入れる」と、「ニュートラル」な内面状態になり、「ま、いっか!」と受け流せるようになります。この行為でダイエットの妨げになっていた「太る」という「思い込み」が消えていくのです。

この方法は「引き寄せRPG」的なメソッドで紹介しています。下記の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
物事を多角的に捉えて内面を調和する【引き寄せスキル:みやぶる】を伝授!
物事を多角的に捉えて内面を調和する【引き寄せスキル:みやぶる】を伝授!こんにちは!引き寄せ勇者みろくです。RPGでは「魔法やスキル」が欠かせない要素ですよね。バトルで敵を倒したり、どこかにワープしたりと、物語を有利に進めることでき...

「中庸」という考え方

日本に古くから伝わる「儒教」には、「中庸」という考え方があります。

「中庸」とは、極端にかたよることなく調和のとれた状態を指します。かたよりが一番良くないですよ〜という教えです。

さらに「中庸」の道を進むと「天命」が分かるとも教えられているのです。自分が何をすべきか、本当の自分が分かる方法なんですね。

「天命」が分かると、自然とその方向に導かれると言います。運がよくなり、チャンスが舞い込み、宇宙のサポートを感じられるようになるのです。

これはまさに引き寄せの法則そのものです。

[aside]現時点で「ポジティブ思考」が問題なく役に立っている場合には、そのままで良いかと思います。 「ニュートラル思考」は頭の片隅にでも置いておいてください。[/aside]

バランスがとれると上手くいく

社会を見渡すと「ネガティブ思考」に偏ってる人が多いようです。その状況を踏まえると「ポジティブ思考」はとても有効に働くでしょう。バランスが取れてきますからね。

でも、バランスが取れてからも「ポジティブ思考」にかたよった意識を続けていると、苦しみを感じて上手くいかないことが増えてきます。「ニュートラル思考」がそんな状況の助けになりますので、意識してみてください。

この「ニュートラル思考」の裏には、「今あるがままを、ただ認め受け入れる」という意味があります。湧いてきたどんな思考も拒否することなく、認めて受け入れること。それが自然と「バランス」が取れてくる行為になるのです。

引き寄せを活かす上で「バランスをとる」というのは大事なキーワード。「調和」「フラット」「ニュートラル」「中庸」など言葉を変えることもできます。

この状態というのは、飛び上がるような喜びでもなく、打ちひしがれる絶望でもなく、鼻血が出そうな興奮でもなく、何もできないという無力感でもありません。ものすごく地味な「安心感や幸せ感」が生まれる状態です。

ちょっと拍子抜けするような「ニュートラル状態」こそ、願望実現が大きく進展する内面状態なのです。

目次
目次