引き寄せの罠「考え過ぎ」にご注意!混乱したら【再起動】で意識のクリアリング

こんにちは!引き寄せ勇者みろくです。

引き寄せの法則には誰もがハマる罠があります。
それは「考え過ぎ」てしまうことです。

なにか知識を得て「なるほど!」となったまでは良いのですが、そこから「アレはこういうことかな〜〜コレはちょっと違う〜〜でもソッチが正しそう〜〜」とアレコレ頭で考えこんでしまうことってありますよね。

言葉の束縛から自由になろう!という記事でも同様のことを書いているのですが、考え過ぎていると”呪縛の魔法”にかかってしまい、様々なことが「停滞」していきます。

願望実現には、”実現していない自分”から”実現した自分”に「変化」させたいのです。「停滞」では「変化」しません。

潜在意識の記事では、「顕在意識(表面意識)の働きを弱める」ことが願望を潜在意識に届けるコツと書きました。「考え過ぎ」は”表面意識”がフル回転で働いていますよ〜

本来、引き寄せの知恵は人生を幸せに過ごすための「指針」です。指針の言い方を変えると「ナビ」ですね。どっちに行けばよいかを教えてくれるナビゲーションです。

スマホで「ナビ」を使う時、目的地を設定してスタートをさせれば、あとはそれに従って進むだけで目的地に着きますよね。
「このナビは本当に正しいのかな?」なんてずっとスマホの画面を見つめたまま立ち止まっていては、目的地には着きません。考え過ぎなときは、これと同じ状態です。

もちろん「ナビ」がおかしいこともあります(笑)それでも移動をしながら、ときどき確認してみる程度で十分なのです。

ナビをセットして、自分も移動をして、たまに目標に近づいているか確認してみる…それで変だなと思ったら、ナビ(引き寄せの方法)を変えましょう。

「考え過ぎ」の罠…
分かっていてもハマってしまうものです。

POINT

考え過ぎている時は【再起動!】してリフレッシュ

パソコンやスマホって、メモリがいっぱいになると動作がおかしくなりますよね。でも再起動で元の快調な状態に戻ります。
やり方は簡単です。2つの方法をご紹介します。

【再起動】の方法 その1

深呼吸とともに「再起動!」と心で唱えて、顕在意識に溜まったメモリを開放するイメージを持ちましょう。

【再起動】の方法 その2

頭の中にイメージした”黒板消し”や”消しゴム”で、意識の中をゴシゴシと消していくイメージをしてみましょう。

知識を得ること以上に大切なことは、あなたの内面の状態です。
混乱してきたら【再起動!】

最後に、僕の大好きな言葉を贈ります。

リー

Don't think, feel.(考えるんじゃない!感じるんだ!)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる