▼ただいまメンテナンス実施中につき表示が崩れる箇所アリ

プチ瞑想で引き寄せが加速する!1日数回の【シャットダウン】で意識のクリアリング

プチ瞑想で引き寄せが加速する!1日数回の【シャットダウン】で意識のクリアリング

こんにちは!引き寄せ勇者みろくです。

今回は「瞑想」を取り入れた手法をご紹介します!
以前、「再起動」という記事を書きました。アレコレと頭で考え過ぎなときは、スマホやパソコンでメモリがいっぱいな状態と同じなので、意識的に「再起動」してリフレッシュしましょう、という内容です。

あわせて読みたい
引き寄せの罠「考え過ぎ」にご注意!混乱したら【再起動】
引き寄せの罠「考え過ぎ」にご注意!混乱したら【再起動】こんにちは!引き寄せ勇者みろくです。引き寄せの法則には誰もがハマる罠があります。それは「考え過ぎ」てしまうことです。なにか知識を得て「なるほど!」となったま...

その「再起動」よりも、より深いリフレッシュができる「シャットダウン」を今回はご紹介します。

日本語で言えば「電源を落とす」ですが、1日数回、意識的に自分の電源を落とす習慣が、引き寄せにとても効果的で重要な要素だと考えています。

これは簡易的な瞑想でもあり、当ブログでオススメしている「MP回復(自愛)」を促進する方法でもあります。ちょっとしたスキマ時間で行えますので是非とも活用してみてください。

「シャットダウン」は、僕が気功を習う中で、究極の瞑想法と教わった「気づきの瞑想」をベースにしています。簡単ですが効果は抜群ですよ!

目次

日常にあふれたノイズ

昨今は情報化社会と呼ばれ、インターネットやテレビ、雑誌、至ることろで目にする広告、即座に耳に入る様々なニュース…技術や社会の発展によって洪水のように情報が僕たちの内面に襲いかかってきています。

ほかにも、アレをしなきゃコレをやらなきゃと、心や脳が休まる暇がないほどの「やらなきゃ」というノイズに溢れていることもあるでしょう。

はたまた、自然と湧いてきてしまう「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・批判」なんてこともノイズの一種です。湧いてしまうことは仕方がありませんが、それらに内面を満たしている時間が長ければ、意識の通り道にゴミ詰まりが出来てしまいます。

そしてそれらのノイズは、引き寄せの法則を活かす上で非常に不利な要素になっています。

自分の内面にノイズが多いと…

上記のような状態は、自分の内面に多くのノイズを満たしていることになります。
外からの情報やネガティブな思いによって、意識や心が侵食されていますので、あなたの願望はその中に埋もれてしまうのです。

引き寄せの法則は「自分の内面の状態が、現実に投影される法則」です。
ノイズまみれの内面では、投影された現実はきっと、複雑でストレスの多いものとなっているでしょう。

引き寄せRPG的な解釈で言えば、願望を叶える「クリエイター」に願望が届きにくい状態ですね。願望実現のためには、内面がクリーンな時間を出来るだけ増やしておきたいのです。

そこで、「シャットダウン」が効果的なのです!

「シャットダウン」はプチ瞑想

スマホゲームなどをしていると、時々動きがカクカクしてスムーズに動かなくなることがありますよね。それは、メモリの中にデータが増えすぎて、スマホの処理が追いつかなくなることで起こります。

解決するには、アプリの再起動、もしくは一度電源を「シャットダウン」してメモリをキレイにする必要があります。

同じように人間も、情報をひっきりなしに取り入れ、ずっと活動中では意識の中がカクカクしてしまうので、「シャットダウン」をしてリフレッシュすると良いのです。
本来はその機能は睡眠が担っているのですが、日中の活動が複雑になってノイズが増えるほど、睡眠だけでは不十分になります。

意識的に内面のリフレッシュタイム(瞑想)を取り入れて、願望実現を阻むノイズを減らしていきましょう。

「シャットダウン」のやり方

これは簡易的な瞑想です。
コツは「外からの情報を受け入れず、内面に意識を向ける」時間を作ることにあります。

場所はどこでもよいですが、誰かに話しかけられたりしない、少し静かめな場所が良いですね。
自分の部屋、移動中の電車、停車中の車の中、トイレ、公園のベンチ…そんな場所が良いかもしれません。

姿勢は、立ってても座ってても寝ててもOK。
居る場所に適した姿勢で、でも少し身体の力を抜けるとベスト。

そんな場所で、目を閉じて呼吸に意識を向けるだけです。
吸って〜吐いて〜を自然に繰り返し、”お腹の動き”や”鼻孔を通る空気”に意識を向けるとやりやすいと思います。

呼吸をコントロールする必要はありません。
自然と行っている呼吸を観察するような感じでOKです。

そしてこれは、「MP回復(自愛)」でも推奨している、「今」に意識を向けて「ありのまま」でいる状態でもあります。
今しているありのままの呼吸に意識を向けているのですよ!

雑念は肯定して受け流す

瞑想をすると必ず雑念が出てきます。雑念は出てきて当たり前なので気にする必要はありません。
ですが、その雑念に捕まって相手をしてしまうと(脳内で会話を始めてしまうと)、どんどんそちらに意識を持っていかれてしまいます。

湧いた雑念は、「わかったよ〜」と一旦肯定し、そのままスルーしましょう。
次から次へと湧いてきますが、その都度、肯定して受け流すのです。

この「肯定」することについては、「MP回復(自愛)」の記事内でご紹介しています。

それでも雑念に捕まってしまったら、それはそれでOKです。
気づいた段階で受け流し、また呼吸に意識を向けていきます。

瞑想の目的は、無心になることではありません。
雑念(ノイズ)を受け流してクリーンにするのが目的だと思ってください。
無心と雑念の繰り返しでOKなのです。

1回:3〜10分、1日:1〜3回を目安に

とても簡単な方法ですが、実際にやってみようとすると意外と出来ないかもしれません。
まずは、1日1分1回を目指してみましょう。

あとは、スキマ時間にちょっと目を閉じて呼吸に意識をむける…これを意識するだけで、1日に数回はさらっと出てきるようになりますよ。

少し暇ができるとスマホに手が伸びる人が多いかもしません(笑)
その時間を使って「シャットダウン」です。

最近ビジネス界隈では昼寝を推奨していたりしますが、昼寝とセットもとても良いですよ。
「シャットダウン」の流れからの昼寝は、その効果が倍増です。

目安として「1回:3〜10分、1日:1〜3回」としましたが、それ以上やってももちろんOKです。(ただし長くても20分以内にしましょう)
慣れてくるとともて気持ちいい時間を過ごせますから、どんどんと「シャットダウン」しちゃいましょう。

[aside type="warning"]【追記】当初「1回1〜3分」と書いていましたが、あまり短すぎても効果が薄いので、「1回:3〜10分」と修正しました。 [/aside]

瞑想効果があなたの願望実現を助ける

この記事は大きな窓から空が見えるカフェで書いているのですが、青空を流れる雲を見ているだけでもボーッと出来て気持ちいいですね!
この「ボーッと」している状態が、意識をクリアにするには必要なのです。

流れる雲を眺めるように、呼吸に意識を向けて「ボーッと」する…それが「シャットダウン」です。

「シャットダウン」まとめ

  • 自分の内面に日常的なノイズが多くなると、意識にゴミ詰まりが出来る
  • 外からの情報を受け入れず、内面に意識を向ける時間を作ると、意識が掃除されてくる
  • 「シャットダウン」は、少し落ち着いた場所で、目を閉じて呼吸に意識を向けるだけ
  • 自然な呼吸(お腹の動きや鼻孔を通る空気)に意識を向ける
  • その状態は「今」「ありのまま」です
  • 1回:3〜10分、1日:1〜3回を目安に習慣化できるとベスト

「ノイズ」を別の表現で表すと、「活性化している顕在意識」です。
日常のアレコレで騒がしくなっている顕在意識を鎮めて、パワフルな潜在意識に働いてもらうことで、様々なことがスムーズに進むようになります。

そして、潜在意識の奥にある引き寄せエネルギーに願望が届いてこそ、それが実現されるのです。

引き寄せを加速させる手法として、あなたの人生を豊かにしていくツールとして、「シャットダウン(瞑想)」はイチオシです!お試しあれ!


この記事の内容は、引き寄せメソッド「日常クエスト」のミッションの一つです。

あわせて読みたい
【日常クエストVer.2.1】暮らしに取り入れて引き寄せ能力をレベルアップ!
【日常クエストVer.2.1】暮らしに取り入れて引き寄せ能力をレベルアップ![aside type="warning"]Ver.2.1バージョンアップ!笑顔とシャットダウンを追加しました。より一層引き寄せ体質へと近づく内容です。どうぞお役立てください!(2018.08....
目次
目次