『運を良くするための少しのリスク』チャンスを掴み取る3つの方法【TED】

こんにちは!みろくです!

今回のTED紹介は、ティナ・シーリグさんの運を良くするための少しのリスクです。

TED(テド)は、あらゆる分野の達人たちがプレゼンテーションを行う世界的講演会。ネット上で無料視聴ができます。(動画は記事の下の方に掲載)

「引き寄せの法則」と「運」は、切っても切り離せない関係です。

どんな内容?

ティナさんは、スタンフォード大学で教鞭をとりながら、起業家支援や著述業に携わっている方です。この講演では、起業家に必要な「”運”を向上させる方法」について語ってくれています。

運とは「偶然起きたように思える成功や失敗」とか「落雷のように突然やってくる劇的なもの」ではなく、『常に吹いている風のようなものです』と語ります。

その「運の風」を掴む3つの方法は以下の方法だそうです。

運を掴む3つの方法
  1. コンフォートゾーンから外に出て小さなリスクをとること
  2. 他の人との関係を 見直すこと
  3. アイデアとの関係を 見直すこと

コンフォートゾーンについては当ブログでも記事にしています。
人間は自分の「コンフォートゾーン(安全地帯)」から出たがらない傾向があります。ゾーンの外に出ることが成長には必要だと、心理学や引き寄せの法則でも推奨しているのです。

ティナさんは学生たちに「自分が取っても良い”小さなリスク”」を書き出させるそうです。そしてその小さなリスクを取るように勧めています。

引き寄せRPGでも、勇者として一歩を踏み出そうとお伝えしていますが「小さなリスクを取る」という指針を加えると、より具体的な一歩を踏み出せそうですね!

そして、「他の人」と「アイデア」との関係を見直すこと。

人との関係には「感謝」が必要で、アイデアに対してはその見方を変えようと話します。

ネガティブな要素をポジティブに変えることは、内面の状態を整えることにも繋がります。日常生活でも「見方を変える」ゲームのように実践していくことで、どんな状況にあってもポジティブを見つけられるスキルが身につくことでしょう。

時に人は、ひどい環境に生まれ、 時に運は落雷のように、素晴らしいものやひどいものもたらします。しかし、運の風はいつも吹いています。もし皆さんが少しのリスクをとり、感謝の気持ちを示すために行動する気があり、突拍子がなかろうとアイデアに可能性を見出そうとするなら、運の風を掴む、より大きな帆を作れるでしょう。

ティナ・シーリグ: 運を良くするための少しのリスク | TED Talk

現役で起業家支援をするティナさんの教えは、どれも現実的で理にかなった内容です。ぜひ視聴してみてください!(動画時間/11分39秒)※字幕が出ない場合は、動画右下のアイコンから言語を選択してください。

ティナ・シーリグ: 運を良くするための少しのリスク | TED Talk


講演では運を良くする3つの方法が語られました。
「小さなリスクをとる」「感謝を伝える」「工夫をする」ですね。

引き寄せにも当てはまることばかりですが、特に「小さなリスクをとる」というのは、スルーされやすい内容です。

「リスク」というものは、未経験なことであったり、怖さを伴ったり、勇気が必要だったりと、コンフォートゾーンから出られない理由を生み出します。

でも、RPGのように物語の先に進むためには、なにかしらのアクションが必要なのです。
当たり前で魅力がないと思っている日常を「冒険」に変えて、リスクがあっても新たな一歩を踏み出すことが「運の風を掴む」方法だと、この講演では教えてくれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる